人気のある新宿の占い師

占いを鑑定する人のことを占い師と言いますが、新宿は良く当たる占い師がいる街として、全国的にも有名です。占い方法には沢山の種類があり、大別すると命術、朴術、相術の3つに分けられます。命術はその人の生まれ持った宿命や性質や適性などから、人生の大まかな流れを占います。宿命や適性といった変わらないものを見る訳ですから、毎回答えが変わらぬように、生年月日などで占います。人間は生まれた時点で、ある程度は決まっているとし、この部分を運命や宿命と言ったりしますが、全く人生を変えられないというものではありません。決まっているからこそ、そこから可能性を探していくというものです。命術は統計的な占いで、占いの中では主体となっていて、占星術や星座占いがこれに分類されます。朴術とは偶然性から、現在の問題の本質と解決策を導き出す占いです。命術とは異なり、毎回変わるものを見るための占いです。そのため占ってもらう側も曖昧な質問ではなく、健康運や仕事運や恋愛運など、知りたいテーマを絞り込む必要があります。朴術は意味のある偶然の一致を利用していますから、ある事とある事がセットになると必然と解釈します。主に道具を使って占います。タロット占いや花びら占いなどがその一種です。相術は人相や手相や家相などの実物を見て占います。物が形になるということには、理由があると考えます。相術は身体の部分に刻まれた、人生の履歴書のようなもので、私がいて人相や手相が作られ、私がいて場所や移動時の吉凶判断ができるという考えです。実物を見て空間も占うことができますので、基本的な性格や現在の生命力、結婚適齢期などを知りたい時に向いています。その他には、どれにも属さないか、はっきり分類できないものの中に、水晶占いや霊感占い、霊視占いなどがあります。新宿の街角にも様々な占い師がいて、中には長い順番待ちの列ができている人気の占い師もいます。お目当ての占い師の元に、わざわざ地方から新宿まで足を運んでいる人も少なくありません。占いは先が見えず、八方塞がりに陥り、好ましくない状態に沈み込みそうな時に、明確な指針を与えてくれます。占い師に前に進む力を貰ったという人も多いです。その一方では占い依存症気味になり、すぐに占いに頼ってしまい、自分で判断することが困難になったり、不安になる人もいますから注意しなければなりません。どのような場合も人生を切り開くのは自分自身であり、占いはその手助けをしてくれるものと捉えることが大切です。